年齢に負けない考え方

少しでも若さと綺麗さを維持したい・・・

MENU

年齢を重ねるからスキンケア対策をしましょう

若く見える人とそうで無い人の差

よく「自分だけは年を取らないと思った」という言葉を聞きます。

 

結構あらゆるところでこの言葉を聞くようになったのですが、この頃この言葉をスポーツクラブ内でよく聞きます。

 

 

わたしは長年スポーツクラブへ通い続けているのですが、わたしと同じようにスポーツクラブ歴が長い人がたくさんいて、特にそのような人から「自分だけは年を取らないと思った」という言葉を聞くのです。

 

わたしも二十代前半の頃は「わたしは年を取らなんじゃないか…」というようなことを感じました。

 

でもやはり、二十代の半ばあたりに差し掛かったところで自分もほかの人たちと同じように毎年毎年年齢を重ねていくんだという実感がありました。

 

 

それは肌の変化を感じるようになったからでした。

 

「肌というのはうそをつけない、ごまかしができない部分」だと感じたのはその頃です。

 

他の部分は何とか年齢をカバーすることができますが、肌に関してだけは年齢相応というか、「若く見せることがものすごく難しい」と思ったものです。

 

 

みんな同じように歳を重ねます。

 

みんな肌も衰えていくのですが、それがわかれば対策も考えられます。